茶臼山高原花だより
資料提供:廣江伸作さん


    
      絶滅危惧種「ミヤマナミキ」       絶滅危惧種「キヨスミウツボ」
          (8月)                    (6月下旬〜7月上旬)

 廣江伸作さん大発見(2011年8月) 長野県で40年ぶりの確認

ミヤマナミキ(シソ科)は、長野県では確認例が少なく、昭和48年の北相木村での記録がある程度で、現在は今回の茶臼山での発見以外は皆無。               
廣江さんの恩師で植物に詳しい元信州大学教授和田清先生は、「ミヤマナミキは太平洋側の植物で、長野県では南端のごく一部だけに分布する植物、これと同じような植物がまだまだあるはずで、これを機会にさらに頑張ってほ しい。」と激励している。
       


茶臼山高原の花だより

     
      ザゼンソウ(3月)                  ミズバショウ(4月)


   
         アケビ(5月)                 シロバナエンレイソウ(5月)



         ミツガシワ(5月)



 茶臼山高原「芝桜の丘」 例年の見頃は5月20日前後


   
         フデリンドウ(5月)                      アオホオズキ(6月)


   
          ギンリョウソウ(6月)                ベニバナイチヤクソウ(6月)


   
              ギンラン(6月)                  キバナノヤマオダマキ(7月)


  
         ツチアケビ(7月)                     ヒヨクソウ(7月)


     
           エゴノキ(7月)                ノハナショウブ(7月)


  
      ヤマアジサイ(7月)                        ウメガサソウ(7月)
          

  
         イワガラミ(7月)                     コイチヨウラン(7月)


  
           ウバユリ(8月)                エンシュウツリフネソウ(8〜9月)

  
         ネジバナ(8月)                        ネムノキ(8月)

  
       カワチブシ(8〜9月)                  セリバシオガマ(8〜9月)


 
      マツムシソウ(9月)               ミヤマツチトリモチ(9月)

愛知県最高峰のリゾート「茶臼山高原」
 実感できる茶臼山最強のパワースポットまで徒歩10分
 茶臼山自然園まで徒歩10分
 カエル館(茶臼山高原両生類研究所)まで徒歩10分


 
    
リンドウ(10月)                 ウメバチソウ(10月)

 
  
ツタウルシの紅葉(10月)             ブナの実(10月)


 
      
アケボノソウ(10月)                センブリ(10月)


 
       
茶臼山(10月)                 茶臼山湖(10月)


      
 もっと沢山の花の撮影時期を知りたい!
         茶臼山・南信州・奥三河の花だより






 パワースポット・茶臼山(長野・愛知)

雷岩・矢作川源流・茶臼山湖畔を結ぶ3角形のゾーン内がパワースポット群になっている。
2011年5月カエル館のすぐ近くで「実感できるパワースポット」が見つかる。
2012年6月、カエル館も強力なパワースポットであることがわかる。


    
     茶臼山の実感できる第6パワースポット動画



 全国47都道府県のパワースポット

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川

新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山

鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島

沖縄


パワースポットのトップページにもどる