アフリカツメガエル(ピパ科)  

 発生生物学の実験用蛙として知られている。後肢の水かきが発達しており、息継ぎに水面に出る以外は、ほとんどが水中生活をしている。蛙は一般に、生きた餌を視覚によって捕食するが、本種は、嗅覚で摂食するので、金魚の餌など人工飼料で飼育することができる。
 カエル館で飼育・展示している本種は、2001年に浜松市の養殖業者から購入したもので、長寿の蛙である。



 

大露天風呂と間欠泉のお宿 湯元 塩吹館

大露天風呂と間欠泉のお宿 湯元 遊星館
カエル館、茶臼山登山道のパワースポットまで車で15分の宿

休暇村 茶臼山高原

休暇村 茶臼山高原
カエル館、茶臼山登山道のパワースポットまで徒歩10分の宿


「ピリピリ」と実感できる茶臼山登山道のパワースポット

カエル館のホームページにもどる