ホームページ タイトル 本文へジャンプ

茶臼山高原3大発見

ワと鳴く新種の「ネバタゴガエル」

2005年6月
 北里大学医学部 龍崎 正士先生発表

「ワンと鳴くタゴガエル”新種”と判定」

「茶臼山で発見された2n=28のタゴガエルの核型」
「Karyotypes of Rana tagoi Okada with diploid number28 in the Chausu Mountains of The Minamishinshu district of Nagano Prefecture,Japan(Anura:Ranidae)」
Cytogenetic and Genome Research 2006


2005年8月
 ワンと鳴くカエルの和名を「ネバタゴガエル」と命名(龍崎先生)
     「ネバ」とは、根羽村の「ネバ」です。

2006年2月
 ネバタゴガエルが長野県根羽村の「天然記念物」に指定される。

現在、ネバタゴガエルは、根羽村の
「地域おこし」に貢献中。

カエル館(茶臼山高原両生類研究所)


   天然記念物「ネバタゴガエル」




実感できる「パワースポット」

2010年8月
 茶臼山で「パワースポット」発見
    発見者 愛知県安城市の早川隆司さんら
   雷岩・矢作川源流・茶臼山湖畔を結ぶ3角形のゾーン内がパワースポット群

2011年5月
 カエル館から50mの所で「実感できる強力パワースポット」発見

2012年6月
 カエル館の北東の隅で「実感できる強力パワースポット」発見

 
      「ピリピリするね」と話題の強力パワースポット動画


パワースポット・茶臼山(長野・愛知)

 

長野県絶滅危惧種「ミヤマナミキ」

2011年8月
 長野県絶滅危惧種「ミヤマナミキ」茶臼山で発見

       
長野県で40年ぶりの快挙
   
発見・撮影  廣江 伸作さん(島根県安来市)
 
   「ミヤマナミキ」